マレーと影山

体脂肪率(percent of body fat )」というものは、全身の脂肪の付いている重さで、「体脂肪率(パーセント) = 体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(weight、kg )×100」という数式で把握できます。
今、若い世代で結核菌に対しての免疫力、すなわち抵抗力を保有しない人々が増加傾向にあることや、自己判断のために診断が遅れることが主因のアウトブレイクや院内感染が増加傾向にあります。
突然発症する急性腸炎(acute enteritis)は、大半が腹痛・悪心・下痢の症状がみられる位で済みますが、バイ菌の感染による腸炎の場合はものすごい腹痛・長引く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・下痢の他に38度以上の高い発熱が通例です。
普通では骨折はしない程度のごく小さな圧力でも、骨のある定まったエリアに幾度も続けて力が加わることで、骨折に至ることがあるので注意しなければいけません。
2005(平成17)年以後新しく特保の入れ物には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意喚起のキャッチコピーの明示が食品メーカーに義務付けられている。
脂漏性皮膚炎という皮膚病は皮脂の分泌異常が要因で引き起こされる発疹・発赤で、皮脂分泌の異常の主因としては性ステロイドホルモンの不均衡、ビタミンB群の慢性的な欠乏などが大きいと言われているのです。
耳の中の構造は、大まかに「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3つに分類することができますが、この中耳の近くに様々なばい菌やウィルスなどが感染することで炎症が誘発されたり、液体が溜まる症状が中耳炎なのです。
呼吸器感染症の季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、数多くの研究によって、予防接種の効果が見通せるのは、ワクチン接種を受けた14日後から150日くらいだろうということが分かりました。
紫外線を浴びると生成されるビタミンDは、Caが体内に吸収されるのを助長する特徴が知られており、血液中のCa濃度を操作し、筋繊維の動きを微調整したり、骨を生成したりしてくれます
軽い捻挫だろうと自己判断し、包帯やテーピングテープでとりあえず患部を固定し、様子を見るのではなく、応急処置を施してから少しでも早く整形外科医に診てもらうことが、早く快癒させる近道となります。
学校や幼稚園のような大勢での集団生活をするにあたって、花粉症の症状が主因でクラスの皆と同じようにして思いっ切り活動できないのは、患者である子どもにとっても寂しいことです。
ハーバード大学医学校(HMS)の研究結果によれば、普通のコーヒーと比較して1日2杯よりも多くカフェインの取り除かれたコーヒーを代用することで、なんと直腸がんの発症率を約半分も減少させたという。
結核の原因となる結核菌は、患者が「せき」をすることによって内気の中に排出され、空気中でフワフワ飛んでいるのを他人が空気と一緒に吸い込むことにより感染していきます。
もしも血液検査でやはり女性ホルモンの分泌量が基準値よりも足りなくて早発閉経(Premature Ovarian Failure)と分かったら、基準値に満たない女性ホルモンを補う手当などで緩和することができます。
今時のオペ室には、レストルームや専用の器械室、準備室を併設し、手術中にレントゲン撮影するためのX線装置を準備するか、付近にX線用の専門室を併設しておくのが常識だ。